島根大学論集10周年記念論文集

number of downloads : ?
島根大学論集10周年記念論文集 1
1960-02-29 発行

小説における視点論 : 英米の現代小説論をめぐって

The Point of View in Novels
[Fujikawa, Kazuo]
File
Thumnail f001001y010.pdf 1.31 MB ( 限定公開 )
Description
 文学に対面する人は、誰しも程度の差こそあれ、文学の捉え所のなさに、手をやくであろう。文学を創作しようとする人は、まず何かを話さねばならない。言語を媒体として、話をしなければならぬことによつて、祝福されも呪われもするのが、文学という芸術の宿命である。作家は、自分の対象が何かを示す難しさと、その対象について自分がいかに感じるかを「語る」難しさとの間で、苦しまねばならない。この苦しみこそ、文学にたえず付きまとい、根底ともなつているのだ。文学理論の歴史は、この根底的な緊張状態を、いつも論じてきた。ここで扱おうとする「小説視点論」も、そうした総体へと結び付けられるべき一部分として、考えてみたいと思う。
Thumnail f001001y010.pdf 1.31 MB ( 限定公開 )