島根大学論集10周年記念論文集

number of downloads : ?
島根大学論集10周年記念論文集 1
1960-02-29 発行

バーグソン最適について : 厚生函数論(その2)

On Bergson Optimum
Natsume, Takashi
File
Thumnail f001001y035.pdf 2.69 MB ( 限定公開 )
Description
先にわれわれは厚生函数論の立場よりして,厚生経済学周知の命題であるところの,生産,交換,分配に関する最適条件による社会的最適状態(以下においてこれをバーグソン最適と称し,その厳密な規定は後述する)の記述をなし,次いで,最適条件と均衡条件との対比に基いて,バーグソン最適の価格・再分配機構による達成の可能性を略述したが,その場合,分析上要請された仮定の数学的な特殊性と経済学的な曖昧さとがバーグソン最適をして,所謂,内部的,局部的,非飽和的という限定された最適概念にとじこめ,而も,そうした最適概念に均衡概念が,最適条件と均衡条件との単なる形式的一致によつて,機械的に接合されていたこと否定し難い事実である。これらの事実が主に厚生経済学における狭隘な限界分析手法に起因することの指摘は,始め,最適条件のうち,生産に関する所謂,生産能率についての活動分析,次いで,生産,交換の最適条件についての新厚生経済学的諸帰結をして「古典的」分析帰結たらしめる,パレート最適と競争均衡との凸集合論手法による関連考審,の相次く解明によつてなされたことは,今日,最早,学会周知のところであろう。
 本稿においてわれわれは先づこれらの生産能率に関する活動分析並びにパレート最適に関する凸集分論的分析の分析帰結を概観し,次いでこれらの分析手法をバーグソン最適にまで拡げ,前稿における厚生函数論の限界分析的諸帰結の,いはば,凸集合論的な拡張,展開を試みる。展開は先づ,経済体系に関する基本概念を明らかにすることより始めて,生産能率の存在とその価格含意,パレート最適の存在とその価格含意(之に関連して,競争均衡の存在とその厚生含意),最後に,バーグソン最適の存在とその価格・再分配含意,に至る。それは,生産能率よりパレート最適へ,パレート最適よりバーグソン最適へ,という形で,生産,交換,分配の各次元の最適状態を重畳的に縦の包含関係においてとらえると共に,生産能率の生産有効価格の含意,パレート最適の競争均衡価格の含意、バーグソン最適の最適評価価格と最適再分配の含意,という形で,各最適状態の横の含意関連を明らかにするものである。なお,その場合,凸集分論に関する初歩的な知識と経済体系に関する基本概念の詳細な説明は紙数の都合によつて末尾の参考文献にゆだねられている。
Thumnail f001001y035.pdf 2.69 MB ( 限定公開 )