number of downloads : ?
Title Transcription
ホッカイドウ ヒヤマグン クマイシムラ タテヒラ ノ ヘンセイガン 2 KANOITE ノ キョウセイ カンケイ
Title Alternative
The Metamorphic Rock of Tatehira, South West Hokkaido, Japan(II) : Parageneses of Kanoite
File
language
eng
Author
Kobayashi, Hideo
Description
 Kanoiteは,北海遣渡島半島熊石村館平に露出する石英閃緑岩により貫かれた先第三紀変成岩(館平変成岩)から発見された。館平変成岩は,主として珪質粘板岩およぴ珪岩を源岩とする変成岩からなり,それらの鉱物組み合わせから,hornblende hornfels faciesの変成度で変成作用を受けたものと判断される(小林,1975)。館平変成岩は一般に,比較的単調な構造を作りあげているが,ソーセージ構造をもつ変塩基性岩とマンガン鉱物に富む団塊状岩塊の出現によって,それらの周辺部では局所的に複雑な構造を呈する。Kanoiteは,岩礁を作るマンガン鉱物に富む団塊状岩塊に発見される(第1図)。
 マンガン鉱物に富む岩礁からは,spessartine,pyroxmangite,manganoan cummingtonite,sonolite,,tephroite, kanoite, galaxite等多様なマンガン珪酸塩鉱物並ぴに酸化鉱物が産出する。岩礁内部の構造は,石英脈,炭酸塩鉱物脈により不規則に貫かれ,きわめて複雑で不明な点が多い。kanoiteを含むbandは,岩礁の西側斜面において,sonolite,tephroiteに富むbandとpyroxmangiteとmanganoan cummingtoniteに富むbandに挾まれた厚さ数mmの薄層を作る(第2,3図)。
Journal Title
Memoirs of the Faculty of Literature and Science, Shimane University. Natural sciences
Volume
11
Start Page
89
End Page
95
ISSN
03709434
Published Date
1977-12-20
NCID
AN0010806X
Publisher
島根大学文理学部
Publisher Aalternative
The Faculty of Literature and Science, Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
Faculty of Science and Engineering