大学評価情報データベースと学術情報リポジトリの連携に係る不具合への対応について
令和2(2020)年3月2日

松江キャンパス 教職員 各位
出雲キャンパス 医学部基礎系講座 教授(准教授) 各位

附属図書館長 川向 誠




大学評価情報データベースと学術情報リポジトリの連携に係る不具合への対応について


 平素より附属図書館の運営にご協力いただきありがとうございます。
 附属図書館は、島根大学学術情報リポジトリSWAN(以下、「SWAN」という。)にて島根大学の研究・教育の成果物である論文等を公開しています。
 SWANと大学評価情報データベース(以下、「評価DB」という。)は、システム間連携により、本学教職員が評価DBの入力フォーム上でSWANでの公開希望を選択した場合に、当該論文情報がSWAN側に渡される機能を有しています
 この連携機能の不具合により、該当する論文情報がSWANに適切な形で渡されてなかったため、公開を希望された論文の登録・公開が出来ていなかったことがこのたび判明しました。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

 今後、2018年度以前の業績については、論文情報の特定や著作権の許諾確認などを行った上で、公開可能なものを2020年度末までに順次登録・公開してまいります。これに伴い、該当する教職員の皆様には、2020年度末までを目途に、メールにて附属図書館から論文データ(PDF)提供等の依頼を行います。大変お手数をおかけしますが、ご協力いただきますようお願いします。作業は、本年度退職される方を優先し、他の方については職員番号順を予定しています。早めの作業を希望される方はご連絡ください。
 評価DB上で新規に登録される2019年度分以降の業績についても、毎年10月に評価DBの業績一覧データを入手し、今回と同様の方法で対応を行っていきます。また、SWANと評価DBとの連携機能に関しては、来年度中のシステム改修を検討しています。
 そのほか、ご不明な点がありましたら、下記までお問い合わせ下さい。

問い合わせ先
企画部図書情報課
コンテンツ担当
Mail: cat[at]lib.shimane-u.ac.jp  ※[at]は@に変換してメールをお送りください。
内線:(9)2733