number of downloads : ?
Title Transcription
マナビ ノ キソ ト ナル コトバ ノ チカラ ヲ ソダテル タメノ ソシキ テキ アプローチ コギョウ テキ トリクミ カラ キョウドウ テキ トリクミ ヘノ テンカン ヲ トオシテ
Title Alternative
Action Research on Systematic Approach to Develop Linguistic Competence for Pupils as a Foundation of Learning ─Through the Shift from the Individual Work to the Collaborative Work─
File
language
jpn
Attribute
Research Report
Author
WATANABE, Yuriko
Description
本研究は, A小学校の特色ある教育活動である「ことばの力」の育成を, これまでの個業的取組から協働的取組へと転換する際に, 組織的アプローチとしてどのような働きかけが効果的かを明らかにすることを目的とする。その転換過程では, 佐古秀一の「学校組織開発理論」をもとに, 学校改善の要件である①教職員の自律性, ②学校の組織性の2点からなる「学校の内発的改善力」に着目し, 協働化によるアプローチを行った。その結果, 教職員の「管理職との協働」の意識や, 教職員間の「立場の違い克服」による「支え合いの自覚」などの変化が見られ, 協働的効力感に伸びが認められた。また児童においても, 「ことばの力を育てるための学びタイム」の取組により, 自己の変容の手ごたえを感じ, 自ら学ぼうとする学習意欲の向上が認められた。協働化による学校改善は, 教職員だけでなく児童にも効果的な変容をもたらすことが明らかとなった。
Subject
ことばの力
組織的アプローチ
協働的取組
個業的取組
学校組織開発理論
Journal Title
Practical Research on School Education
Volume
3
Start Page
73
End Page
83
ISSN
2434-5245
Published Date
2020-03-30
NCID
AA12819551
Publisher
島根大学大学院教育学研究科 教育実践開発専攻
Publisher Aalternative
The Program of Pedagogical Development Graduate School of Education Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
Format
PDF
Text Version
出版社版
OAI-PMH Set
Graduate School of Education