number of downloads : ?
Title Transcription
シシ ノ イチソク ユウイセイ ニ ツイテ ノ ケンキュウ シュ ト シテ ウンドウ バメン ニ カンシテ
Title Alternative
A Study on the Laterality in Human Extremities : Mainly Regarding the Occasion of Physical Activities
File
language
jpn
Author
Ohtani, Kazutoshi
Ueno, Junichi
Description
 手足などの対をなす器官では,優位な側が存在することが知られている。このことはlaterallty(一側優位性)といわれ,優位な側を利き手とか利き足と呼んでいる。
 ところで,すべての動作で同じ側の手足を用いるとは限らない。字を書くのには右手を用いるが,ボールを投げるのには左手を用いるとか,ボールを蹴るのは右足であるが,走り幅とびの踏み切りは左足で行なうというように,動作によって用いる側が異なる場合がある。このような場合,利き手・利き足とはどちら側をさすのであろうか。
 松井らは,利き手や利き足は本来は各作業毎に,ある約束の下で決定されるべき性質のものととらえ,麓は,動作一般に.ついてであるか,個々の動作であるかによって手足の利き側のとらえ方が違ってくるとしている。
 このように動作によって使用側が異なることがあるために,利き側のとらえ方が難しくなっている。
 そこで本研究では,どのような動作が互いに共通の使用側をもち,どのような動作が異なる使用側をもっているか,さらに使用側がどのような因子によって規定されているかを分析することをねらいとして因子分析を行ない,利き側の実態を把握することを目的として考察を試みた。
Journal Title
Memoirs of the Faculty of Education, Shimane University. Educational science
Volume
19
Start Page
37
End Page
42
ISSN
0287251X
Published Date
1985-12-25
NCID
AN0010792X
Publisher
島根大学教育学部
Publisher Aalternative
The Faculty of Education Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
Faculty of Education
このエントリーをはてなブックマークに追加