ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
シシ ノ イチソク ユウイセイ ニ ツイテ ノ ケンキュウ シュ ト シテ ウンドウ バメン ニ カンシテ
タイトル別表記
A Study on the Laterality in Human Extremities : Mainly Regarding the Occasion of Physical Activities
ファイル
言語
日本語
著者
大谷 和壽
植野 淳一
内容記述(抄録等)
 手足などの対をなす器官では,優位な側が存在することが知られている。このことはlaterallty(一側優位性)といわれ,優位な側を利き手とか利き足と呼んでいる。
 ところで,すべての動作で同じ側の手足を用いるとは限らない。字を書くのには右手を用いるが,ボールを投げるのには左手を用いるとか,ボールを蹴るのは右足であるが,走り幅とびの踏み切りは左足で行なうというように,動作によって用いる側が異なる場合がある。このような場合,利き手・利き足とはどちら側をさすのであろうか。
 松井らは,利き手や利き足は本来は各作業毎に,ある約束の下で決定されるべき性質のものととらえ,麓は,動作一般に.ついてであるか,個々の動作であるかによって手足の利き側のとらえ方が違ってくるとしている。
 このように動作によって使用側が異なることがあるために,利き側のとらえ方が難しくなっている。
 そこで本研究では,どのような動作が互いに共通の使用側をもち,どのような動作が異なる使用側をもっているか,さらに使用側がどのような因子によって規定されているかを分析することをねらいとして因子分析を行ない,利き側の実態を把握することを目的として考察を試みた。
掲載誌名
島根大学教育学部紀要. 教育科学
19
開始ページ
37
終了ページ
42
ISSN
0287251X
発行日
1985-12-25
NCID
AN0010792X
出版者
島根大学教育学部
出版者別表記
The Faculty of Education Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
教育学部
このエントリーをはてなブックマークに追加