Title Alternative
Basic Consideration of the Class about the Problem is Clear and Children are the Main Character ― In Case of Junior High School Science ―
File
language
jpn
Author
Nozaki, Tomoyuki
福島 章洋
Description
①島根大学教育学部附属中学校が実践する 「探究の流れ」 に基づく理科授業, ②2017年に公 表された 『中学校学習指導要領解説理科編』 に記載された 「探究の過程」 と 「理科における資 質・能力」, ③PISAによる 「科学的知識」 と 「科学的能力」, ④2017年の学習指導要領改訂に 当たって, 各学校において教育課程を軸に6点の枠組みの改善が求められたうちの 「何ができ るようになるか」, 「何を学ぶか」, 「どのように学ぶか」, これら4点に比較検討を加え, それ らの包含関係を示す一つの表を作成した。 「児童生徒が主体の授業作り」 と 「本時のねらいが明確な授業」 のあり方について検討を加 えると, ①中学校理科で行う探究の流れや過程に基づく授業は 「児童生徒を主体とした授業作 り」 と同等の学習活動を引き出す取り組みである, ② 「児童生徒を主体とした授業作り」 の取 り組みを行えば, 中学校理科では子どもが主体的に課題を捉える 「本時の課題が明確な授業」 になっていく, ということが導出された。
Subject
中学校理科
学習課題
主体的学習
探究
PISA
Journal Title
Bulletin on Center for Research on School Education and Counseling, Shimane University
Volume
17
Start Page
153
End Page
167
ISSN
2434-4117
Published Date
2018-10-30
NII Type
Departmental Bulletin Paper
Format
PDF
Text Version
出版社版
OAI-PMH Set
Center for Educational Support, Faculty of Education