言語
日本語
タイトルヨミ
ムキ ソウジョウ イオン コウカン タイ ハイドロタルサイト カゴウ ブツ ヲ モチイタ ハイスイ カラノ フッソ ホウソ カイシュウ ギジュツ ニ カンスル ケントウ
タイトル別表記
Fluorine and Boron Recovery from Waste Water Using Layer Structure Inorganic Ion Exchanger
著者
村上 崇幸 株式会社やつか
荒川 浩輔 島根大学生物資源科学部
大島 久満
内容記述(抄録等)
This paper discussed the adsorption and the removal capacity of Mg-Al Cl form hydrotalcite (HT) to fluorine and boron for solving the risk problem of fluorine and boron in the water environment and the resource problem of fluorine and boron at the same time.
The obtained results were as follows. HT rapidly adsorbed fluorine ion and borate ion at the anion concentrations of 1 to 10mg/L. The selectivity of HT for fluorine ion over borate ion is high. The removal mechanism of HT for fluorine ion was the ion exchange for chloride ion. And the removal mechanism of HT for borate ion was adsorption on aluminum hydroxide that dissolved from HT. These results showed that HT is an effective adsorbent to remove fluorine and borate ions in the waste water.
内容記述(抄録等)
フッ素・ホウ素の水環境におけるリスク問題とフッ素・ホウ素の資源的問題を同時に解決することを目指して. HTのフッ素・ホウ素に対する吸着・除去性能を基礎的に検討した.
その結果, HTは, 1~10mg/Lの濃度条件においてフッ素・ホウ素を急速に吸着し, またHTのフッ化物イオンおよびホウ酸イオンに対する選択性は高いことが明らかとなった. フッ素の吸着機構は塩化物イオンとのイオン交換であり, また, ホウ素の吸着機構はHTより溶出する水酸化アルミニウムへの吸着であることが示唆された. これらの結果より, HTは排水からのフッ素・ホウ素回収に有効な吸着剤として利用できることが示された.
主題
フッ素
ホウ素
ハイドロタルサイト様化合物
イオン交換
吸着
Fluorine
Boron
Hydrotalcite-like compounds
Ion-exchange
Adsorption
掲載誌名
日本海水学会誌
62
3
開始ページ
152
終了ページ
156
ISSN
2185-9213
ISSN(Online)
0369-4550
発行日
2008
DOI
出版者
日本海水学会誌
出版者ヨミ
ニホン カイスイ ガッカイ
資料タイプ
学術雑誌論文
部局
生物資源科学部 環境共生科学科