登録対象となる成果物

登録する学術研究成果物は、本学に在職する職員や大学院生の皆様が作成した下記のコンテンツです。

  • 学術雑誌論文
  • 博士学位論文
  • 紀要論文
  • 研究成果報告書
  • 学術関連会議資料(会議録・予稿集・発表資料)
  • 図書
  • 技術報告書
  • 一般雑誌記事 など
論文の登録について

学会誌や商用誌等に投稿された論文は、著作権が学協会や出版社に移譲されているため、SWANから公開するにあたって学協会や出版社の許諾が必要となります。著作権の所在、学協会や出版者の許諾については図書館が調査・確認し最終的な登録・公開を行います。

公開を希望される論文は、下記の方法でご提供ください。

欧文誌の場合
  1. 著者最終稿(ie. Final draft post-refereeing)をご用意ください。(最終稿でないと学外公開できない場合があります。)
  2. 共著者の公開許諾を得てください。(許諾方法はお任せします。)
  3. 提供先(cat@lib.)へ最終稿を添付の上、論文情報をメールしてください。
和文誌の場合
  1. 抜刷または電子ファイルをご用意ください。(掲載誌によっては著者最終稿をお願いする場合もあります。)
  2. 共著者の公開許諾を得てください。(許諾方法はお任せします。)
  3. 提供先(図書館コンテンツ担当)へ抜刷を学内便でお送りください。
オープンアクセス誌の場合
  1. 共著者の公開許諾を得てください。(許諾方法はお任せします。)
  2. DOIまたはURLを登録します。

また、図書館から教員情報検索システムをもとに論文リストを作成し、「SWANへの論文提供のお願い」をメールにてお送りする場合があります。どうぞご協力をお願いします。

学内紀要の登録について

学内紀要に投稿された論文の著作権は、紀要編集委員会にあります。現在SWANから公開中の紀要論文は紀要編集員会から包括的な許諾を得ています。紀要編集委員の方には、発行時にPDFを作成し図書館コンテンツ担当までご提供ください。

博士学位論文の登録について

博士論文は「島根大学学位規則」によって公表することが明示されています。平成25年度以降はインターネットによる公表が原則となり、学位授与機関の機関リポジトリであるSWANが公表の場となりました。

学位を授与された日から3ヶ月以内に“学位論文の内容の要旨”及び“論文審査の結果の要旨”をSWANより公開します。また、学位を授与された日から1年以内に、学位の授与に係る論文の全文をSWANより公開します。

学位授与者の方には、指導教官や学務を通じて要旨・論文全文等を図書館コンテンツ担当へご提供ください。