ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ジチタイ マンモグラフィー ケンシン デ コウチク ノ ミダレ オ ウタガワレタ ヒショクチニュウガン ノ ニレイ
タイトル別表記
Two cases of nonpalpable breast cancer detected on screening mammography as suspicion of "architectural distortion"
ファイル
言語
日本語
著者
益永 礼子
Kubota, Hirofumi
立花 光夫
内容記述(抄録等)
We reported the results of screening mammography in lzumo city from April 2005 to March 2006.Acceptance ratio was 1.82%, recall rate was 10%, and the breast cancer detection rate was 1.3%.Among 11 cases detected breast cancer, 7 cases were early cancer, and 3 cases were nonpalpable cancer.
We reported 2 cases of early breast cancer without palpable lesion. They visited our hospital for further examination of their breast after screening mammography with only MLO projection which indicated slight suspicion of "architectural distortion".However, added CC projection showed spiculated mass which suggested malignancy obviously. Two views mammography were helpful to correct diagnosis.
 平成17年度の出雲市マンモグラフィー検診の結果は,受診率1.82%,要精検率10%,癌発見は1.3%であった。発見癌11例のうち早期癌は7例,非触知乳癌は3例であった。
 今回報告した2例の非触知乳癌症例は微細な「構築の乱れ」を疑われ精査機関を受診した。いずれも検診時のMLO撮影のみでは明らかな構築の乱れとは言えなかったが,精査のCC撮影追加で悪性を強く疑いうる症例であり,二方向撮影の重要性を感じた。
掲載誌名
島根大学医学部紀要
29
開始ページ
47
終了ページ
50
ISSN
1880084X
発行日
2006-12-01
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Shimane University Faculty of Medicine
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部 医学科
このエントリーをはてなブックマークに追加