タイトルヨミ
アリストテレス ノ キョウヨウロン
タイトル別表記
Aristotle's View of Culture
ファイル
言語
日本語
著者
多賀 瑞心
内容記述(抄録等)
「教養」という語はよく用いられるが,その概念規定は必ずしも明確でない。この概念に関するAristotelesの考えを検討することは,名を正す上に,あながち無意義ではないと思うのである。もつともAristotelesは,今日われわれの言うところの「教養」を論究の主題として取上げ,これを精細に論ずることをなさなかつたようである。ただ別の問題を追求するに当り,時としてこれに触れ,その抱懐するところをもらすに過ぎなかつた。即ち,Metaphysica(形而上学)を始め,種々の著書のそこここに見ることができるが,ここでは最も包括的と思われる De parlibus animalium(動物部分論)の記述を当面の手掛かりとし,他を参照しつつ,考察することにする。
掲載誌名
島根農科大学研究報告
6
開始ページ
(B)1
終了ページ
8
ISSN
05598311
発行日
1958-03-31
NCID
AN00108241
出版者
島根農科大学
出版者別表記
The Shimane Agricultural College
資料タイプ
紀要論文
部局
島根大学
備考
A,Bを含む