タイトルヨミ
カイチョウオン ニオケル D G ロセッティ
ファイル
Thumnail a006009h003.pdf 1.98 MB ( 限定公開 )
言語
日本語
著者
森 亮
内容記述(抄録等)
上田敏によるD.G.ロセッティの邦訳を取り扱つたこのささやかな論考は臨床的な翻訳論、文体論の積りである。私の趣味から比較文学史的考察も少しは取り入れたかつたが、限られた紙面では空しい希望に終つた。私の論述を煩瑣と非難する人もあるかと思ふが、斎藤茂吉や澤瀉博士の万葉集解釈の煩瑣(私はそれを有難いものに思つてゐる)に比べればまだまだ疎略である。私は訓詁派である。
掲載誌名
島根大学論集. 人文科学
9
開始ページ
29
終了ページ
43
ISSN
04886518
発行日
1959-02-28
NCID
AN00108183
出版者
島根大学
出版者別表記
Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
島根大学