ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
シン テイコク ノ ホウチ シュギ コウテイ ト ホウジュツ
タイトル別表記
Constitutionalism in Qin Empire : Emperor and the Art of Technical Law
ファイル
言語
日本語
著者
浅野 裕一
内容記述(抄録等)
 戦国後期に東方の斉で形成された黄老道は、その後、秦帝国の急激な興亡を経て漢王朝が成立するに及び、漢帝国を運営する政治理論として重大な役割を果たし、遂に思想界の主導的地位を占めるに到る。概括的に観ればこうした趨勢は、思想界全般の潮流が、法家思想から黄老道へと大きく転換したことを意味する。それでは、秦に採用された法術思想は、何故に黄老道に途を譲らなければならなかったのであろうか。小論では、上記の思想的転換を生じた原因を探る一環として、戦国期に法術思想が形成される経緯を通して法術思想自体が持つ性格を把握した後、更に秦帝国に至り初めて出現した皇帝概念の性格と法術思想との関係を検討し、秦の法治主義の問題点を考察することとしたい。
掲載誌名
島根大学教育学部紀要. 人文・社会科学
17
開始ページ
1
終了ページ
45
ISSN
02872501
発行日
1983-12-25
NCID
AN00107952
出版者
島根大学教育学部
出版者別表記
The Faculty of Education Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
教育学部