ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
イヤ ジンジャ ゾウ ウタカルタ ドウ イセ モノガタリ ニ ツイテ : エド ショキ マツエハン シュウヘン ノ ワカ ジセキ
タイトル別表記
A explanation of Utakaruta and Isemonogatari in Iya Jinja
ファイル
言語
日本語
属性
資料紹介
著者
山崎 真克 比治山大学
内容記述(抄録等)
本稿で取り上げる揖夜神社蔵『哥かるた』・同『伊勢物語』は、奥書などはみられないものの、筆跡や伝来の状況からみて、養法院の真筆資料として認められる。『哥かるた』は、『伊勢物語』初段から五十四段までの百首を上の句(宝山院筆)・下の句(養法院筆)に分けて二〇〇枚一組の体裁としたものである。また『伊勢物語』(養法院筆)は、定家本系統の諸本と一致する本文を有する。
Utakaruta and Isemonogatari in Iya Jinja taken up by this text is taken as autograph material of Yōhōin, in view of a hand or the situation of introduction, although written statements of an expert opinion are not seen. Utakaruta divides 100 from the Isemonogatari first rank to 54 steps into the phrase (written by Yōhōin) of Japanese poem (written by Hōzan’in) and the bottom, and is taken as 200-sheet a set of appearance. Isemonogatari (written by Yōhōin) it has the text which is in agreement with the books of Teika system.
主題
養法院
宝山院
松江藩
伊勢物語
歌かるた
Yōhōin
Hōzan’in
Matsue clan
Isemonogatari
Utakaruta
掲載誌名
山陰研究
4
開始ページ
132
終了ページ
121
ISSN
1883468X
発行日
2011-12-31
NCID
AA12382442
出版者
島根大学法文学部山陰研究センター
出版者別表記
San'in Research Center, Faculty of Law and Literature, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
法文学部 山陰研究センター
備考
1+ / 2008-