ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ダイチョウキン Lガタキン NC7 カラノ カルシウム ケツゴウセイ タンパクシツ
タイトル別表記
Study on Calcium-Binding Protein from Escherichia coli L-form NC7
ファイル
言語
英語
著者
八幡 俊男
小野田 哲夫
内容記述(抄録等)
A calmodulin-like protein (CaLP) that has been regarded as a Ca2+-dependent modulator protein in Escherichia coli L-form NC7 was purified by fluphenazine-sepharose 4B affinity chromatography. The molecular weight of the CaLP was approx. 18,000 kDa on SDS-Polyacrylamide gel electrophoresis and isoelectric point of 4.5 was confirmed by electric focusing gel (pH 3 to 10). The CaLP were heat stable and exhibited Ca2+-binding property. Further, the CaLP stimulated bovine hart phosphodiesterase activity. These results suggest the presence of Ca2+-regulatory system in prokaryotes.
掲載誌名
島根大学理学部紀要
29
開始ページ
37
終了ページ
43
ISSN
03879925
発行日
1995-12-25
NCID
AN00108106
出版者
島根大学理学部
出版者別表記
The Faculty of Science, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
総合理工学部
このエントリーをはてなブックマークに追加