ダウンロード数 : ?
言語
日本語
タイトルヨミ
テンネン キネンブツ イワミ タタミガウラ ノ ハショクダナ コウセイ サガン オヨビ セッカイシツ ノジュール ノ ブツリ リキガク テキ セイシツ
タイトル別表記
Physical and Mechanical Properties of Sandstone and Calcareous Concretions at the Wave-Cut Bench in Iwami-tatamigaura, a Natural Monument in Shimane, Japan
属性
報告
著者
仲 優太朗 島根大学大学院総合理工学研究科(現所属復建調査 設計(株)
佐々木 宏太 島根大学総合理工学部(現所属。(株)昭和測量設計事務所)
遠藤 俊祐 島根大学学術研究院環境システム科学系
内容記述(抄録等)
物理-力学的性質を評価するため,文化庁から許可を得て天然記念物である島根県石見畳ヶ浦の波食棚構成砂岩(中部中新統唐鐘累層)および石灰質ノジュールを採取した砂岩およびノジ、ユールの密度はそれぞれ2.16~ 2.21Mg/m3, 2.50~ 2.58Mg/m3で、あり,間隙率は砂岩で10.6~14.996,ノジュールでは2.40~4.82%であった。また, P波速度は砂岩で2.30~2.99km/s,ノジュールでは3.69~4.63km/sであった。一軸圧縮試験および圧裂引張試験の結果,圧縮強度は砂岩で 18.1~ 26.7MPa,ノジュールで56.9~ 128MPaであり,引張強度は砂岩で1.52~6.04MPa,ノジュールで4.03~10.9MPaであった間隙率と引張強度の比として表される易風化指数は,砂岩で2.1~7.6×10-2MPa-1,ノジュールで2.4~6.7×103MPa-lであったノジュールの鏡下観察からは炭酸塩によるマトリックスの充填が確認されたが,強度が低い砂岩には見られなかった以上の結果より,ノジュールは炭酸塩の)接着作用により砂岩に比べ級密かつ強固であり,風化しにくいことがわかった。
内容記述(抄録等)
Laboratory measurements were conducted to evaluate physical and mechanical properties of sandstone and calcareous concretions which were collected from the wave cut bench in Iwami-tatamigaura, a natural monument in Shimane, with permission of Agency of Cultural Affairs, Government of Japan. Physical properties such as density, porosity and p-wave velocity of sandstone (concretions) were 2.16~ 2.21Mg/m3 (2.50~ 2.58Mg/m3) , 10.6~ 14.9% (2.40 ~ 4.82%) and 2.30~ 2.99 km/s (369~4.63 km/s) , respectively. Mechanical properties such as uniaxial compressive strength and tensile strength by Brazilian test of sandstone (concretions) were 18.1~26.7MPa (56 9~128MPa) and 1.52 ~6.04MPa (4.03~ 10.9MPa), respectively. Weathering susceptibility index,which is defined as the ratio of porosity to tensile strength, was calculated to be 2.1~7.6×10-2MPa-1 for sandstone and 2.4~ 6.7 x 10-3MPa I for concretions Observations of thin sections revealed that carbonate occurs as a matrix in the concretions whereas less carbonate in sand stones with smaller strength. Therefore, the concretions have lower porosity, lower susceptibility of weathering and larger strength than those of the sandstone because of bonding effect by the carbonate
主題
石見畳ヶ浦
Iwami-tatamigaura
波食棚
wave-cut bench
石灰質ノジュール
calcareous concretion
物理・力学的性質
physical and mechanical properties
掲載誌名
応用地質
59
6
開始ページ
446
終了ページ
452
ISSN
0286-7737
ISSN(Online)
1884-0973
発行日
2019-02
出版者
日本応用地質学会
出版者ヨミ
ニホン オウヨウ チシツ ガッカイ
出版者別表記
Japan Society of Engineering Geology
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
総合理工学部
このエントリーをはてなブックマークに追加