ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
Margaret H’Doubler (1889-1982) ノ Realization and Appreciation of Music through Movement (1921) ノ ブンセキ ガクシュウ ホウホウ ト シドウ ホウホウ ニ ショウテン ヲ アテテ
タイトル別表記
An Analysis of Margaret H’Doubler’s “Realization and Appreciation of Music through Movement(1921)”: Focusing on Learning Contents and Methods of Teaching
ファイル
言語
日本語
著者
内容記述(抄録等)
Margaret H’Doubler (1889-1982) が1921年に出版した教師用ダンス指導書“A Manual ofDancing”のうち、“Realization and Appreciation of Music through Movement”を講読し、ダンス担当教師の育成においてH’Doublerが示した、ダンスのための音楽と動きの学習における学習内容と指導方法の具体を明らかにした。また、学習内容と指導方法にみられる実践と理論の往還、主観的な認知と客観的な分析の往還、ヴァリエーションの展開、動きの探求と創作による自発性の育成といったコンセプトは、1920年代にH’Doublerが提示したダンス教育理論に一貫してみられ、彼女のダンス教育理論を特徴づける考え方であることがわかった。
主題
Margaret H’Doubler
ダンス教育
教員養成
音楽と動き
掲載誌名
島根大学教育臨床総合研究
18
開始ページ
49
終了ページ
60
ISSN(Online)
2434-4117
発行日
2019-09
出版者
島根大学教育学部附属教育支援センター
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
教育学部
このエントリーをはてなブックマークに追加