ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
イタリア リソウシュギ ノ カットウ
タイトル別表記
The struggle in Italian Idealism
ファイル
言語
日本語
著者
中川 政樹 島根大学教育学部
内容記述(抄録等)
 イタリア理想主義の代表的思想家として広くその名を知られているベネデット・クローチェ(Benedetto Croce, 1866-1952)とジョヴァンニ・ジェンティーレ(Giovanni Gentile, 1975-1943)は、相互協力によって新しい観念論哲学の体系を構築して当時の思想的諸潮流に論戦を挑み、イタリア思想史上他に例をみない影響力を獲得したのであった。しかし、両者がそれぞれの思想体系を確立していく過程で、さまざまな理論的相違が顕現することになった。そして、相対立する二つの理想主義理論が展開されることになったのである。しかし、両者の友愛と知的協力関係は、理論的対立の深化にもかかわらず、ファシズム台頭期まで続いた。そこには何があったのか。本稿は両者の連帯が辿った1910 年代の複雑な過程の詳細を明らかにし、その理論的意味を考察する。
主題
イタリア理想主義
ジェンティーレ
行為主義
クローチェ
精神哲学
掲載誌名
島根大学社会福祉論集
2
開始ページ
57
終了ページ
69
ISSN
18819419
発行日
2008-03
NCID
AA12202620
出版者
島根大学法文学部社会文化学科福祉社会教室
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
法文学部
教育学部
このエントリーをはてなブックマークに追加