ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
日本語
タイトルヨミ
ショウニカ トノ コンサルテーション リエゾン セイシン イリョウ
タイトル別表記
Consultation-liaison Psychiatry in Pediatric Medicine within the General Hospital
属性
総説
著者
内容記述(抄録等)
総合病院の精神科医は,小児科領域におけるコンサルテーション・リエゾンにおいて,身体疾患に罹患している子どもに生じる精神的な問題や,成長の過程で発症する精神疾患や心身症などへの対応が求められる。小児科と協力・連携して診断,個人および家族精神療法,薬物療法などを行うことになる。子どもの場合は大人と違い,子どもの年齢,性格,認知,感情の発達面を考慮する。今後,小児医療におけるコンサルテーション・リエゾン精神医学の果たす役割は,さらに重要になると思われる。われわれの経験も参考に,連携の実際や考慮すべき点について述べた。
Consultation-liaison psychiatry in pediatric medicine can be defined as the clinical, diagnostic and therapeutic care given by psychiatrists within the general hospital. Consultation-liaison psychiatry often involves children and adolescents who develop psychiatric problem with chronic somatic diseases. We psychiatrists have to carefully consider patient health status, comorbidity, functional impairments and psychiatrically disturbance they experience. Furthermore, child and adolescent psychiatry diagnosis varies widely. The most frequent kind involves adaptation troubles, such as adjustment disorder, depression and psychosomatic disorder. In these cases, there should be consideration ofthe many differences between adult and child psychiatric problems. More comprehensive coordinated care and intervention for the pediatric consultation-liaison should be required in the general hospital.
主題
コンサルテーション・リエゾン精神医学
小児科
総合病院
身体疾患
Consultation-liaison psychiatry
Pediatrics
General hospital
Somatic disease
掲載誌名
総合病院精神医学
20
1
開始ページ
6
終了ページ
11
ISSN
09155872
発行日
2008-01-15
医中誌 ID
NCID
AN10398829
出版者
日本総合病院精神医学会
出版者別表記
Japanese Society of General Hospital Psychiatry
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
権利関係
Copyright © 2008 by The Japanese Society of General Hospital Psychiatry
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e30913
部局
医学部
このエントリーをはてなブックマークに追加