ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ダンカイテキ オンガク レンシュウ
タイトル別表記
The Progressive Practice of Intonation
ファイル
言語
日本語
著者
知念 辰朗
内容記述(抄録等)
 バイオリンはピアノと並び今日最も一般的に普及した楽器であるが,その演秦において一番異なるところは,音程を造ることから始まるバイオリンと,すでに調律された音程を秦でる方法から出発するところのピアノに本質的なちがいがある。もちろんこの音を造るという作音楽器は,バイオリンだけでなく他にも種々あるが,ここではバイオリンを中心にして,演奏の基本である音程(即ち音程を造ること),に問題をしぼり考察してみる。
掲載誌名
島根大学教育学部紀要. 教育科学
5
開始ページ
169
終了ページ
179
ISSN
0287251X
発行日
1971-12-20
NCID
AN0010792X
出版者
島根大学教育学部
出版者別表記
The Faculty of Education Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
教育学部
このエントリーをはてなブックマークに追加