ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
英語
著者
佐野 智一 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学
詠村 嵩之 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学
柏原 亮太 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学
松田 朋己 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学
一色 勇太朗 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学
廣瀬 明夫 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学
堤 成一郎 大坂大学接合科学研究所
荒河 一渡 島根大学大学院総合理工学研究科
橋本 匡史 橋本鐵工株式会社
政木 清孝 沖縄工業高等専門学校
佐野 雄二 (株) 東芝電力・産業システム技術開発センター
内容記述(抄録等)
The authors have successfully performed femtosecond laser peening on a 2024 aluminum alloy without any sacrificial overlays. Laser pulses were directly irradiated to the surface of specimens in the air without water film as a plasma confinement medium during the peening treatment. The fatigue life was improved as much as 38 times in comparison with base material at a stress amplitude of 195 MPa. The fatigue strength of the peened specimen after 2 × 10^6 cycles was 58 MPa larger than that of the base material. The femtosecond laser peening process has a great potential to be applied in various fields where conventional peening methods cannot be used, as this process can be performed under ambient conditions without the use of a plasma confinement medium such as water or transparent materials.
主題
femtosecond laser peening
femtosecond laser-driven shock wave
laser peening
atmospheric conditions
sacrificial overlay
2024 aluminum alloy
掲載誌名
Journal of Laser Applications
29
1
開始ページ
012005-1
終了ページ
012005-7
ISSN
1042346X
発行日
2017-02
DOI
NCID
AA11040115
出版者
Laser Institute of America
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
権利関係
© 2016 Author(s). All article content, except where otherwise noted, is licensed under a Creative Commons Attribution (CC BY) license (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/). [http://dx.doi.org/10.2351/1.4967013]
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e31574
部局
(旧組織)大学院総合理工学研究科 物理・材料科学領域
このエントリーをはてなブックマークに追加