ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ケンキュウ ノ ニンシキ ト ケンキュウ ケイケン トノ カンレン ニ オケル カンゴ ケンキュウ カツドウ ノ キョウイクテキ シエン
タイトル別表記
Educational support in nursing research in relation to research perception and experience
ファイル
言語
日本語
著者
中谷 久恵
小原 みのり
楫野 伴子
横田 英江
岸本 加智代
濱浦 史子
中井 清美
内容記述(抄録等)
 本研究は看護職の研究の認識と研究経験との関連を明らかにすることにより,研究活動の教育的支援について検討することを目的とした。調査対象者は病院に勤務する看護職145人で,研究活動の認識得点と研究経験研究活動活性化の教育条件を尋ねる質問紙を作成し,アンケート調査を行った。有効回答141人のうち研究経験がある看護職は87.9%で,過去5年間の経験でも82.3%であった。研究活動の認識得点の平均はそれぞれ30点満点中研究価値が24.8点,研13
究意義24,4点,研究技術23.1点,院内評価20.9点の順であった。研究価値は,看護職の年齢と職務期間のどちらとも相関していた(plt.05)。研究経験が7回以上の場合はすべての認識領域が高く(pく.05)、研究経験を重ねることは研究の認識を深めることが示唆された。研究活動を活性化させる条件は研究の時間的配慮,看護職自身の参加意欲,図書室整備の順であり,教育経費の予算化により改善できる項目が含まれていた。13
The purpose of this study was to study educational support in nursing research by identifying a relationship between research perceptions and experiences. We developed a questionnaire on perceptions and experiences of research, and educational conditions to promote research activities, and conducted a survey in 145 hospital nurses. Of 145 replies, 141 were effective. Of the nurses, 87.9% had research experiences, and even in recent 5 years, 82.3% experienced some research. The average of perception scores was 24.8 points in value of research, 24.4 points in significance of research, 23.1 points in research technique, and 20.9 points in hospital evaluation. The value of research was significantly correlated with both nurse's age and job experience (plt.05), The experience of more than seven researches was higher in all perception scores (plt.05). It suggests that more research experiences enhance research perception. Primary condition to promote research activities was time allowance followed by comnaitment to research and enrichment of library. Some of them can be improved with appropriate educational budget.
掲載誌名
島根医科大学紀要
26
開始ページ
19
終了ページ
25
ISSN
03879097
発行日
2003-09-01
NCID
AN00107602
出版者
島根医科大学
出版者別表記
Shimane Medical University
資料タイプ
紀要論文
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部
備考
http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN00107602_jp.html
このエントリーをはてなブックマークに追加