ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ショクブツ セイチョウ チョウセツ ブッシツ ツギキ オヨビ ダンコン ショリ ガ トマト ナエ ノ セイイク ニ オヨボス エイキョウ
タイトル別表記
Effects of Growth Regulators, Grafting and Root Pruning on Growth of Seedling in Tomato
ファイル
言語
日本語
著者
伊藤 憲弘
細木 高志
遠藤 啓太
内容記述(抄録等)
In tomato culture under protected cultivation, it is important subject to enhance planting density in raising seedling stage. In the present experiment, foliar-sprays of plant growth regulators (2.5 ppm uniconazol, 100 ppm paclobutrazol and 1000 ppm chlorocholine chloride), grafting and root pruning treatments were conducted at true-two-leafe stage. In result, it was clarified that using 100 ppm paclobutrazol treatment extremely decreased maximum leaf length. Thus, this treatment could effectively enhance planting density.
掲載誌名
島根大学農学部研究報告
27
開始ページ
79
終了ページ
83
ISSN
0370940X
発行日
1993-12-20
NCID
AN00108015
出版者
島根大学農学部
出版者別表記
Shimane University, Faculty of Agriculture
資料タイプ
紀要論文
部局
島根大学
このエントリーをはてなブックマークに追加