ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
サンイン チホウ ノ チュウシンセイ トウソクルイ
タイトル別表記
Miocene Cephalopods in the San'in District, West Japan
ファイル
言語
日本語
著者
大久保 雅弘
内容記述(抄録等)
 山陰地方,とくに島根県の中新統は,頭足類化石の産出で有名である。1974年8月,浜田市畳ケ浦の,昔からよく知られた化石産地において,当教室の寺脇正治が卒業論文の調査中にAturiaを発見した。同じ頃,筆者は八束郡玉湯町布志名の露頭から頭足類の化石一個を発見した。これは一見したところ“Nautilus" izumoensis Yokoyamaに酷似しているが,詳細に調べるとオウム貝類(オウム貝目)ではなく,タコブネ類(八脚目)に属することがわかった。本稿では,この二種の産出を報告するとともに,この機会に従来の資料を要約しておきたい。
 本論に入る前に,文献についてこ教示を頂いた赤木三郎(鳥取大学)・多井義郎(広島大学),化石採集のご援助を頂いた衣笠弘直(鳥取県智頭農高)・寺脇正治の各氏に謝意を表する次第である。
掲載誌名
島根大学文理学部紀要. 理学科編
8
開始ページ
85
終了ページ
89
ISSN
03709434
発行日
1975-03-10
NCID
AN0010806X
出版者
島根大学文理学部
出版者別表記
The Faculty of Literature and Science, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
総合理工学部