ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ナイセイテキ センモンカ キボ ニカンスル シュウカク テイゾウ カイキュウ ドクセンテキ キョウソウ シジョウ モデル ノ コウチク ト ソノ キホンテキ カテイ
タイトル別表記
Endogenous Specialization, Increasing Returns to Scale, and Class : Construction of A Monopolistically Competitive Market Model and It's Fundamentsl Assumptions
ファイル
言語
日本語
属性
論説
著者
内容記述(抄録等)
1.はじめに
近代の経済システムを支える生産技術と, それ以前の経済システムの生産技術とを隔てる最も重要な区別は, 前者のシステムにおいて, 個々の生産単位が協業や分業にもとづいて大規模な生産を行い, 社会的分業が広範にみられるようになったという点にある.
19世紀あるいはそれ以前の多くの経済学者はこの区別に注目した. 例えば, アダム・スミスは『国富論』のなかで有名なピン工場の例によって, 製造業における作業の細分化・専門化が生産力の増大にいかに寄与したかを論じている, この区別にかんする最も明快というべき表現はマルクスの『資本論』のなかにみることができる. すなわち,
「資本主義的生産が実際にはじめて始まるのは, 同じ個別資本がかなり多数の労働者を同時に働かせるようになり,したがってその労働過程が規模を拡張して量的にかなり大きい規模で生産物を供給するようになったときのことである. かなり多数の労働者が, 同じときに, 同じ空間で(または, 同じ労働場所で, といってもよい), 同じ種類の商品の生産のために, 同じ資本家のもとで働くということは, 歴史的にも概念的にも資本主義的生産の出発点をなしている」
掲載誌名
経済科学論集
22
開始ページ
67
終了ページ
106
ISSN
03877310
発行日
1996-03-31
NCID
AN00069886
出版者
島根大学法文学部
出版者別表記
The Faculty of Law and Literature Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e18469
部局
法文学部
このエントリーをはてなブックマークに追加