ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
セトナイカイ セイブ ショトウ シュウヘン カイテイ カラ サンシュツ シタ ナウマンゾウ カセキ
タイトル別表記
Palaeoloxodon naumanni(Makiyama)remains from the sea floor of Moroshima Islandin the western Seto Inland Sea, Japan
ファイル
言語
日本語
著者
北川 博道 京都大学理学研究科
瀬戸 浩二 島根大学汽水域研究センター
高橋 啓一 滋賀県立琵琶湖博物館
沖村 雄二 広島大学名誉教授
内容記述(抄録等)
In this paper, we describe 75 tusks and post-cranial skeletal elements of Palaeoloxodon naumanni that were recovered from the sea floor around Moroshima Island in the western Seto Inland Sea of Japan in 1956 and 1957, and discuss their significance.
These specimens are particularly valuable from the biogeographic and morphological viewpoints due to their locality and the details of their discovery. A sacrum(MO 560929-1126)recovered among these specimens is the first report of a sacrum of P. naumanni. An atlas(MO 560929-1117)and a humerus(MO 57-1112)are also compared with those of previously reported well-preserved specimens of P. naumanni. Although the features of the humerus are comparable with those of P. naumanni humeri reported from other areas, the atlas differs from a Lake Nojiri specimen. The differences between the two specimens are most likely attributable to intraspecific variation.
掲載誌名
島根大学地球資源環境学研究報告
25
開始ページ
31
終了ページ
47
ISSN
13439774
発行日
2006-12-27
NCID
AA11455176
出版者
島根大学総合理工学部地球資源環境学教室
出版者別表記
Department of Geoscience, Interdisciplinary Faculty of Science and Engineering, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e18444
部局
(旧組織)大学院総合理工学研究科
研究・学術情報機構 エスチュアリー研究センター
備考
12-14,16+ / 1993+
このエントリーをはてなブックマークに追加