ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
日本語
タイトルヨミ
チュウサンカン チイキ ノ ジチ カツドウ ニ オケル コウイキ レンケイ カツドウ ノ イギ ト カノウセイ : シマネケン キュウアカギチョウ ノ チイキ ジチ ソシキ ノ サイ ニ チャクモク シテ
タイトル別表記
The Significance and Possibilities of Broad-Based Community Associations in Hilly and Mountainous Areas : A Case Study of the Akagi Region in Shimane Prefecture
著者
竹村 佑子
内容記述(抄録等)
本研究の目的は、近年、集落を超えて形成されている地域自治組織の意義とその可能性を考察することである。島根 県旧赤来町において複数の集落からなる地域自治組織を対象とした実態調査をもとに広域連携活動と既存の集落活動と の関連から考察を行った。その結果、次の点が明らかになった。(1)集落間で行う広域連携活動の項目数は2~9項目と ばらつきがあり、広域連携活動の進展度合いに違いが見られる。(2)このような広域連携の活動性の違いには、組織内に おける集落の農業条件や集落での共同性、高齢化の進展度合い、組織運営における財政的問題などが関係している。(3) 直面する課題は地域自治組織ごとに異なる。一方、地域自治組織の役員の人口構成には偏りがあり、補助金額は少なく依 存度は高い。これらの結果は、地域自治組織の活動を展開していく上では、組織活動を担う人材(雇用労働の確保)とそ のための財政的支援、町内の地域自治組織が相互に情報交流を行える場や自治組織内の集落・住民間で情報共有する場づ くりなどの他、個々の組織の条件に合わせた支援が重要であることを示唆している。
The purpose of this study was to examine the significance and possibilities of broad-based community associations. Using data obtained from an investigation of the community associations in the Akagi region of Shimane prefecture we analyzed the characteristics of community displayed by broad-based associations organized by multiple communities, which are known as Shuraku. The Findings are as follows. First, although almost all the broad-based associations implemented activities on public welfare, disaster prevention, intercommunity communication through event, the number of cooperative activities by the communities with which these associations engaged ranged from two to nine. Second, the activities carried out depended on whether a high degree of homogeneity existed among the communities served and on whether each community has uniquely maintained cooperation activities. In addition, it also depended on degree of aging of population in the region and financial problem. Third, the associations were stratified by age group, and almost all of them were highly dependent on public subsidies. These findings suggest that it is necessary to foster coordinators who can carry out the wide-ranging activities of these associations effectively, and are skilled in cooperating with heterogeneous communities and external institutions.
主題
中山間地域
地域自治組織
広域連携活動
掲載誌名
地域活性研究
7
開始ページ
166
終了ページ
174
ISSN
21850623
発行日
2016-03
NCID
AA12466633
出版者
地域活性学会
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
権利関係
地域活性学会
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e29899
部局
生物資源科学部
このエントリーをはてなブックマークに追加