ダウンロード数 : ?
ファイル
Thumnail pjci036-02-145.pdf 1.74 MB ( 限定公開 )
言語
日本語
タイトルヨミ
SD490 ノ センダン ホキョウキン オ モチイタ RC ハリブザイ ノ ヒビワレ カイヘイ キョドウ
著者
河南 孝典
磯 雅人
丸田 誠
越路 正人
内容記述(抄録等)
本論文は,SD490材をせん断補強筋に用いたRC梁部材の損傷制御時のひび割れによる損傷状況とせん断ひび割れの開閉挙動を明らかにしたものである。試験体の変動要因は,せん断スパン比,コンクリート強度,引張鉄筋比,せん断補強筋比,せん断補強筋のフック形状,破壊モードの6要因であり,試験体数はそれらを要因とした計16体のRC梁の試験体である。実験および検討の結果,損傷制御時のひび割れ状況は,せん断補強筋比pwの増加とともにひび割れ本数およびその範囲が拡大する傾向が認められた。また,せん断力とせん断ひび割れの開閉モデルを提案し,実験値のひび割れ幅に対して本モデルは安全側に評価する傾向が認められた。
主題
RC梁
SD490
せん断力
せん断ひび割れ幅
開閉挙動
掲載誌名
コンクリート工学年次論文集
36
2
開始ページ
145
終了ページ
150
ISSN
13474111
発行日
2014-03
NCID
AA12689580
出版者
公益社団法人日本コンクリート工学会
出版者別表記
Japan Concrete Insutitute
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
関連情報
権利関係
公益社団法人日本コンクリート工学会
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e26339
部局
(旧組織)大学院総合理工学研究科 建築・生産設計工学領域
備考
本誌は、コンクリート工学年次論文集検索システム(http://data.jci-net.or.jp/search.shtml)から公開されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加