ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
トクテイ キノウ ビョウイン ノ チイキ イリョウ レンケイ センター オ リヨウシタ カンジャ ノ ツイセキ チョウサ ニヨル ザイタクケア ノ ヨウイン ブンセキ
タイトル別表記
Factor analysis of home care support by a follow-up Study of discharge planning patients in The Regional Medical Cooperative Center at The University Hospital
ファイル
言語
日本語
著者
中谷 久恵
上岡 澄子
鈴木 真貴子
安部 富美子
大国 豊子
吉岡 みち子
小林 祥泰
内容記述(抄録等)
 本研究は, 特定機能病院における地域医療連携センターの看護職が退院支援を行った患者の在宅支援に関連する要因を明らかにすることを目的とした。57人を対象に, 退院時と退院後の状況を把握する質問紙を作成し, 郵送法によるアンケート調査と入院カルテから基本情報を収集した。回収した有効調査票27人を分析した結果, 在宅療養へ移行した患者は48.0%,病院・施設への転院は52.0%であった。退院支援の相談日までは入院後平均22.3日目に受けており, 利用した動機は「主治医の勧め」が60%であり, 「看護師の勧め」は4.0%であった。在宅療養を可能にする要因には, ①入院時に紹介医がいた②医療器具の装着や医療処置が少ないことが示された。
The purpose of this study was to identify relating factors to home care of patients who received discharge planning in The Regional Medical Cooperative Center at The University Hospital. We sent 57 patients a questionnaire to examine their conditions at discharge and post-discharge, and analyzed 27 effective responses. As a result, patients who received care at home were 48.0%, while those who transferred to other hospitals and institutions were 52.0 %. They received discharge planning in the 22.3nd day after hospitalization on average. Their motives of discharge planning were doctor recommendation (60.0%) and nurse recommendation (4.0%). Contributing factors to home care were suggested such as 1) having home doctor at hospitalization, and 2) having few medical instruments and medical procedures.
掲載誌名
島根大学医学部紀要
27
開始ページ
1
終了ページ
5
ISSN
1880084X
発行日
2005-03-01
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Shimane University Faculty of Medicine
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部 附属病院
医学部
このエントリーをはてなブックマークに追加