ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
キュウコン クッシュ ゴ ノ カンソウ オンド ガ セイイク ニ オヨボス エイキョウ 1 TULIP APELDOORN キュウコン ノ カンソウ オンド ガ ソクセイ ニ オヨボス エイキョウ
タイトル別表記
Studies on the Effect of Temperature during the Drying Process after Harvest on the Growth of Flower Bulbs (1) : The Effect of Drying Temperature on the Forcing in Tulip Bulbs (Apeldoorn)
ファイル
言語
日本語
著者
吉野 蕃人
青木 宣明
内容記述(抄録等)
1. This study was made to investigate the effect of drying temperature(25℃, 30℃, 35℃) after harvest on the dryness of bulbs and forcing.
2. The dryness of 30℃ and 35℃ of bulbs is better for one of hull and scale.
3. In early forcing, flowering time was remarkably promoted in 35℃ section, but it was less than other sections on the quality of cut flowers.
4. In middle forcing, the difference of flowering time did not appear between three sections, but 35℃ section is less than other sections on the volume of cut flowers.
5. 30℃ section is superior to other sections in every respect.
掲載誌名
島根大学農学部研究報告
8
開始ページ
5
終了ページ
8
ISSN
0370940X
発行日
1974-12-15
NCID
AN00108015
出版者
島根大学農学部
出版者別表記
Shimane University, Faculty of Agriculture
資料タイプ
紀要論文
部局
生物資源科学部
このエントリーをはてなブックマークに追加