島根大学法文学部紀要. 文学科編

ダウンロード数 : ?
島根大学法文学部紀要. 文学科編 4 1
1981-12-25 発行

沖永良部島における民俗行事の分布と変遷(II) : 祖霊祭を中心として

Distribution and Changing Phase of the Folk Ceremonies in Oki-Erabu Island(2) : Mainly on Rituals for Ancestor Worship
中俣 均
ファイル
Thumnail a003000401h006.pdf 1.92 MB ( 限定公開 )
内容記述(抄録等)
前稿では,沖永良部島の民俗行事のうち農耕儀礼について,その分布と変遷とを考察した。本稿では,同島の民俗行事のうちもう1本の大きな柱である祖霊祭をとりあげて,同様の分析を試みる。また,民俗行事分布の地域的パターンについても考えてみたい。
用いるデータは前稿と同じく,主として1977(昭和52)年の6月と8月に,島内27の集落で筆者が面接調査を行って得たものである。沖永良部島の地勢,歴史などについては,前稿の記載を参照していただきたいが,ここには集落の分布(図1)と集落別人口(表1)だけを再掲しておく。
NCID
AN00108081