教科教育研究論集

教科教育研究論集 6
1992-03-01 発行

小学校家庭科の指導実態と意識(第1報)  -島根県の家庭科担当教員の場合-

Actual conditions and the consciousness of the Teachers toward Homemaking Education in Elementary schools (in case of Teachers in charge of Homemaking of shimane prefecture)
多々納 道子
安食 香子 出雲市立北陽小学校
ファイル
内容記述(抄録等)
The purpose of this paper was to investigate the problems exsist teachers in charge of
homemaking courses in elementary schools. The results were as follows:
Compared with female teachers, male ones, the ratios of homeroom teachers having charge
Of home making washiger than of that in females in shimane prefecture. significant differences
in systems ofteachers in charges of homemaking were found between male and female. Most
Ofteachers considered that homemaking should be taught by homeroom teachers in future.
Male teachers found it is difficult to teach the area concemed with do thing construction, on
the other hand, the areas concemed with the family and the residence,in case offemale ones.
Both male and female teachers comprehended the educational values of homemaking. Female teacher shad more democratic sex role perception regarded home making education was taught mainly by female teachers as critical.
この研究の目的は、小学校家庭科の担当教員にっいて、家庭科指導上の問題点を調査・研究する
ためのものである。結果は、次の通りである。
島根県において、男子教員は女子教員と比較して大部分が、学級担任として家庭科を担当してい
た。男女教員の家庭科担当方法には、有意差があった。教員の大部分は、今後担任教員によって、家庭科が担当されることが望ましいと考えていた。
男子教員は、被服領域、女子教員は家族と住居領域の指導が難しいととらえていた。男女教員と
も、家庭科の教育的価値を理解していた。民主的な性別役割意識を持っ女子教員は、家庭科が女子教員によってのみ指導されることには、問題があるとみなしていた。