number of downloads : ?
ID 6539
Title Transcription
コドモ ノ シテン カラ ミタ フクシ ノ マチヅクリ ニ カンスル チョウサ ケンキュウ
Title Alternative
A Study on the Welfare City Planning from the view-point of school children
File
language
jpn
Author
Watanabe, Rie
Description
 本研究は、子どもたちが安全で安心して暮らせるまちづくりのための基礎的な資料にすることを目的として、子どもを対象として調査研究を行った。その結果、4割が事件や事故にあう不安を感じており、特に女子に不安感が高く、実際に被害にあった子どもは13%であった。被害内容は交通事故や声掛けが多かったが、年齢や性別によって違いが認められた。また、学校等から伝えられる通学路上の危険箇所を認識している割合より、子ども達自身が認識している割合の方が高かった。危険だと思う箇所や関係機関に対する要望では、全体的には街灯に関する項目が高かったが、詳細に見ていくと、学校や地域、学年等により異なっていた。安全な通学路をつくるには、毎日通学する子どもの意見を中心に検討することが必要であり、その場所に合った効果的なまちづくりをしなければならない。
Subject
まちづくり
子ども
福祉
事件
事故
Journal Title
島根大学社会福祉論集
Volume
2
Start Page
18
End Page
35
ISSN
18819419
Published Date
2008-03
NCID
AA12202620
Publisher
島根大学法文学部社会文化学科福祉社会教室
NII Type
Departmental Bulletin Paper
Format
PDF
Text Version
出版社版
OAI-PMH Set
Faculty of Law and Literature
Faculty of Education