ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
カイゴロウジンホケンシセツショクイン ノ テントウリスク ノ トラエカタ ト タショクシュレンケイ ニ タイスル ニンシキ
タイトル別表記
Recognizing the Risk of Falls and Cooperation With Multi-occupation in Care Health Facility
ファイル
言語
日本語
属性
研究報告
著者
福岡 理英 地域・老年看護学講座
岩佐 穂那美 境港市立境小学校
小笹 美子 地域・老年看護学講座
小桜 彩絢 松江赤十字病院
森重 佑香 JA 尾道総合病院
森岡 咲紀 広島市立乙斐小学校
内容記述(抄録等)
本研究の目的は、多職種がそれぞれどのような視点で転倒リスクを捉え、多職種連携
による転倒防止についてどのような考え方を持っているのかを明らかにすることである。研究協
力者は、A県内の入所及び通所サービスを提供する介護老人保健施設Bに勤務し、入所サービス
提供に携わっており、転倒リスクの判断力を備えていると想定される看護師3名、理学療法士3
名、介護士3名とした。構成的インタビューを行い、内容分析法を用いてインタビューの結果を
意味の類似性により分類した。その結果、看護師と介護士は対象者の生活や認知面を重視し、理
学療法士は対象者の機能・能力面を重視することが明らかになった。多職種が連携しやすい環境
の基盤は、各職種の専門性の理解をしていること、物理的距離が近いこと、一緒にケアをする機
会があること、平等な関係だと自覚していること、日頃から相談しやすい人間関係が築かれてい
ることであると示唆された。
主題
転倒
介護老人保健施設
多職種連携
掲載誌名
島根大学医学部紀要
40
開始ページ
53
終了ページ
57
ISSN
1880084X
発行日
2018-03-31
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Faculty of Medicine, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
権利関係
島根大学医学部
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e36323
部局
医学部