タイトルヨミ
ホソカワ リュウ セイトウ ジョセイホウ アン ノ ケンポウ モンダイ ドイツ レンポウ ケンポウ サイバンショ ハンケツ 1992ネン 4ガツ 9ニチ ニモ フレテ
タイトル別表記
Verfassungsliche Probleme des Hosokawaischen Parteiengesetzentwurfes
ファイル
Thumnail a001003704h001.pdf 3.14 MB ( 限定公開 )
言語
日本語
著者
渡邉 久丸
内容記述(抄録等)
はじめに
一 政治「改革」四法案のなかでの政党助成法案の位置にもふれて
二 政党助成必要性の論拠と法案の中身
 1 政党助成必要性の論拠
 2 法案の中身
三 日本国忠法からの検討
 l 国民主権の観点から−国民代表・参政権
 2 人権の観点から(一)−思想・信条の自由
 3 人権の観点(二)から−結社の自由・政党論
四 ドイツ連邦意法裁判所判決(一九九二年四月九日)の示唆
五 おわりに−イタリアの教訓にふれて
掲載誌名
島大法学
37
4
開始ページ
1
終了ページ
38
ISSN
05830362
発行日
1994-02-15
NCID
AN00107522
出版者
島根大学法文学部
出版者別表記
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
法文学部
備考
大野秀夫教授退官記念号