ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
オーストリア バイシン セイド ノ セイリツ リャクシ コクミン ノ シホウ サンカ オ トナエル ケンポウ コッカ ノ ケイジ ホウテイ オ タズネテ
タイトル別表記
Die Entwicklungsgeschichte des Geschworenengerichts in Osterreich
ファイル
Thumnail a001004204h007.pdf 2.96 MB ( 限定公開 )
言語
日本語
著者
斎藤 哲
内容記述(抄録等)
一 はじめに
二 陪審制度の誕生  フランス型陪審制度の採用
 1 ウィーン革命期の陪審制度
 2 ヴュルスの刑事訴訟法典
三 陪審制度の廃止−新絶対主義の台頭
四 ヘイの参審構想−グラーザーとの論争
五 陪審制度の復活−一八七三年の刑事訴訟法典
六 一九二七年夏の司法宮殿焼討ち事件−そして国家主義の時代へ
七 おわりに−陪審制度の展望
掲載誌名
島大法学
42
4
開始ページ
241
終了ページ
271
ISSN
05830362
発行日
1999-03-31
NCID
AN00107522
出版者
島根大学法文学部
出版者別表記
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
法文学部
備考
鬼頭宏一教授退官記念号