ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
キュウギ ニ オケル ガクシュウ カツドウ ノ コウゾウ シドウ ホウ ノ カセツ セッテイ ノ タメニ
タイトル別表記
Construction of the Learning Activities in the Ball Game : For Establishing Hypothesis of the Method of Instruction
ファイル
言語
日本語
著者
藤原 恭一
内容記述(抄録等)
教育の方法を教材から出発して考えると言うことは、新しい教育の立場からは、必らずしも賛成出来ない。此の場合球技と言う表題で一応教材を呼んでいるが、単なる教材としてではなくて、学習内容としての活動の類型、乃至は活動様式として、学習活動に直接つながる意味に於て球技 Ball Games とした。したがつて、此処に於ける球技は、ボール遊び・ボール運動・各種々目の球技を含めた、運動群の総称であり、考察の立場としては、学習内容として叉その活動様式としてこれをとらえ、ボール運動による学習活動の指導を、球技の特質と体育の目標及び児童の発達の特性の上に立つて、方法上の仮説を求めたいと言うのが、ねらいである。
掲載誌名
島根大学論集. 教育学関係
4
開始ページ
62
終了ページ
74
ISSN
04886526
発行日
1954-03-31
NCID
AN00108139
出版者
島根大学
出版者別表記
Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
島根大学