タイトルヨミ
モクザイ ノ カガクテキ セイブン ト ソノ キホンテキ ショセイシツ トノ カンケイ ダイ4ホウ ダツ リグニン ノ モクザイ ノ キョウド ニ オヨボス エイキョウ
タイトル別表記
Relation between the chemical components and the elementary properties of woods (IV) : Effects of the delignification on the strength properties of woods
ファイル
言語
日本語
著者
福渡 七郎
柴田 清
内容記述(抄録等)
リグニンは木材細胞の接合物質であり,同時に細胞壁に強さを与えるとともに,抗膨潤性を与えるが,このリグニンの果している機能に関する定量的な研究は比較的少い。本研究は,先ず木材の薄板を脱リグニンして,その木材の性質の変化を測定した。先報では,脱リグニンによる比重,及び膨張収縮につき報告したが,ここには木材の強さについて初期の実験結果を報告する。但し,この実験については,既に1944年,旅順における日本工業化学会にて発表したが,戦争のため今日まで公表の機会を失っていたものであることをお断りしておき度い。
掲載誌名
島根農科大学研究報告
6
開始ページ
(A)159
終了ページ
163
ISSN
05598311
発行日
1958-03-31
NCID
AN00108241
出版者
島根農科大学
出版者別表記
The Shimane Agricultural College
資料タイプ
紀要論文
部局
島根大学
備考
A,Bを含む