タイトルヨミ
オーストラリア ラクラン シュウキョクタイ ニオケル オルドビスキ シンセイ ノ ホウサンチュウ カセキ ノ ケントウ
タイトル別表記
Study of Late Ordovician radiolarians from the Lachlan Fold Belt, Southeastem Australia
ファイル
言語
日本語
著者
後藤 広和
内容記述(抄録等)
Late Ordovician radiolarians from the Lachlan Fold Belt, Southeasten New South Wales, Austraha called the Taralga radiolarian fauna, consists of Entactionsphaera, Secuicollacta and undescribed forms. They are grouped into five genera and eight species. Among the Ordovician radiolarians reported, Entactinia subulata Webby and Blom is in common with the fauna from Nevada and Malongulli of Austraha, but other forms of the Taralga radiolaria differ from those of Nevada, Malongulli of Australia, and Estonia of Kasakhustan. A part of the Taralga radiolaria is briefly reported, and discussed morphology of Lower Paleozoic radiolarians.
掲載誌名
島根大学地質学研究報告
10
開始ページ
57
終了ページ
62
ISSN
0287816X
発行日
1991-07-30
NCID
AN00054980
出版者
島根大学理学部地質学教室
出版者別表記
Department of Geology, Faculty of Science, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
総合理工学部
備考
1-11 / 1982-1992
島田昱郎教授退官記念論誌集