ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
テアライ ニ オケル フチャク デンカイ リョウ ソクテイ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル別表記
Studies in the Measurement of the Remained Electrolytic Mass in Hand-washing
ファイル
言語
日本語
著者
大塚 としえ
内容記述(抄録等)
衛生思想の高まるに従つて手洗いの重要なことが認められ、手洗いの清浄度の判定は細菌学的な調査によつて行はれた。然るに尾崎,河島他諸氏は「手は洗う程細菌学的に清浄になるとはつきり云へない。之は恐らく爪の間から出た細菌が指に附着する為であらう」と述べている。また細菌学的な判定をせねば正確ではないけれども,之により清浄度を測定することは実際的に容易でない。よつて他に簡単にして適正な汚染度判定規準を定める必要を感じ,私はその一法として之を附着電解質――主に食塩――量の測定に求めんとし,先づ(I)作為的に作つた供試料によつて基礎実験を行い,之を(II)学生及び学童の自然の汚染に応用して各種の手洗いに於ける清浄度を測定した。
掲載誌名
島根大学論集. 教育科学
8
開始ページ
25
終了ページ
32
発行日
1958-02-28
NCID
AN00108117
出版者
島根大学
出版者別表記
Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
教育学部