ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ショウ ・ チュウ ・ コウコウセイ ノ カジ ロウドウ ト カゾクカン コミュニケーション トノ カンケイ
日本語以外のタイトル
Relationship Between Family Communication and Domestic Labor in Elementary, Junior High and High School Students.
ファイル
言語
日本語
属性
教育科学
著者
鎌野 育代 島根大学教育学部
寺本 果乃子
内容記述(抄録等)
 小・中・高校生を対象として、家庭でのコミュニケーションの実態調査を行った。また、家族間コミュニケーションについて検討するとともに、家事労働の実態調査も行い、児童・生徒の家事労働と家族間コミュニケーションとの関係について明らかにすることを目的とした。なお、家族間コミュニケーションの状況を明らかにするために中間(2002)の示した説明・交渉スキル、親和感表現スキル、協働スキル、サポートスキルの4 つの構造に依拠し、家庭生活における具体的な行為・行動として質問項目を作成した。
 今回の調査により、家族間コミュニケーションでは、小・中・高校生で発達段階による差が見られ、説明・交渉スキルは高校生の方が高く、協働スキル・サポートスキルは発達段階ごとに低くなっていくことが明らかとなった。また、性別による差も見られ、男子よりも女子の方がコミュニケーションをとっていることが分かった。家事労働については、一週間の家事労働時間を調査したところ、小・中・高校生と発達するにつれて、家事労働時間は大幅に減少しているという状況であることが分かった。家族間コミュニケーションと家事労働との関連については、協働スキルとサポートスキルにおいて有意な結果が得られたことから、少なからず家事労働と家族間コミュニケーションには関係があることが明らかとなった。
主題
家族間コミュニケーション
家事労働
小学生
中学生
高校生
掲載誌名
島根大学教育学部紀要
54
開始ページ
33
終了ページ
39
ISSN
2433-5355
発行日
2021-02-17
出版者
島根大学教育学部
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
教育学部