ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
オープン イノベーション ノ チイキセイ ノ ケンキュウ : オープンソース ソフトウェア ノ カツヨウ ト カイハツ コウケン ニ オケル チイキセイ
タイトル別表記
A study of regionality of open innovation : regionality of utilization and contribution of open source software
ファイル
言語
日本語
属性
論文
著者
野田 哲夫 島根大学法文学部法経学科
丹生 晃隆 島根大学産学連携センター
内容記述(抄録等)
本稿では, 島根県松江市が進めるRubyを活用した地域産業振興策を地方におけるオープンイノベーションの過程と捉え, IT企業のOSS活用・貢献の地域性とその経済効果の関連を分析することで, 地方によるOSSを活用した産業振興政策, さらに地方によるオープンイノベーションの成果と課題の抽出を行った.その結果,行政によるIT産業振興策がOSSの活用を進める一方で, 開発貢献へのマイナスのインセンティブになっている可能性も示唆された.地域産業政策のあり方によってオープンイノベーションの地域性が異なって表れてくるのである.
In this paper, we regard Ruby City MATSUE Project, a regional IT industry promotion by Matsue City, as a process of Open Innovation in local area. We analyze how OSS effects Japanese IT companies’ business growth through simple use as well as deeper engagement as a stakeholder in OSS community, with Special Reference to the ”Region”. Consequently, it has become clear that IT industry promotion by local government advances the practical use of OSS. At the same time, we argue that there is a possibility that the government policy may work as a minus incentive to the development contribution to OSS. That is to say, Regionality of Open Innovation varies according to each regional IT industry promotion policy.
主題
地域産業
オープンイノベーション
オープンソース
regional industry
open innovation
open source
OSS
Ruby
掲載誌名
山陰研究
6
開始ページ
59
終了ページ
76
ISSN
1883468X
発行日
2013-12-31
NCID
AA12382442
出版者
島根大学法文学部山陰研究センター
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
法文学部 山陰研究センター
(旧組織)産学連携センター