ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
LEAR ノ ドウケ ソノ 1
タイトル別表記
Lear's Fool(Part 1)
ファイル
言語
日本語
著者
西野 義彰
内容記述(抄録等)
 King Lear にはシェイクスピアの悲劇の中で最大の道化が登場する、彼には特定の名前がなく,登場人物欄には単に Fool と書かれているだけである。また,彼は第三幕の途中で謎めいた台詞を語って退場し,それ以後二度と観客の前に姿を現わさない。だが,この道化はいつも Lear の身辺におり,Lear が悲劇的な過ちを犯し錯乱の状態で嵐の荒野をさまよう時でさえ,主人と行動や運命をともにし,道化的ノンセンスを交えながら重要で意味深い発言をくり返している。A.C.Bradley は、この道化を作品から取り除くと全体の調子が損なわれてしまい,道化なき King Lear は想像しがたいと述べている。確かに,Lear の道化はこの劇ではきわめて重要な役割を演じており,彼の劇的機能について考察することは,ある意味で,中心主題について論じることでもある。本論では,道化論のための準備として,まず道化が登場する作品そのものについてある程度考察しておきたい。
掲載誌名
島根大学法文学部紀要文学科編
13
開始ページ
(31)
終了ページ
(47)
ISSN
03886859
発行日
1990-07-25
NCID
AN00108081
出版者
島根大学法文学部
出版者別表記
Shimane University, Faculty of Law and Literature
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
法文学部