ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
チョクセツ ワホウ ト ハツワ ノ チュウジツナ サイゲン
タイトル別表記
Direct Speech and Its Faithful Reproduction of Utterance
ファイル
言語
日本語
著者
井上 永幸
内容記述(抄録等)
 直接話法は一般に特定の話者の発話を可能な限り忠実に再現して伝達するための表現形式で, 通例もとの発話者の発話を再現する「直接引用部(direct quote)」と, その直接引用部が発話された際の発話者の状況を説明する「伝達部(reporting clause)」とからなる。伝達部は「伝達動詞(reporting verb)」と呼はれる動詞を含むことが多い。
(1)"I'm waiting for Ann," he said.
(1)では "I'm waiting for Ann" が直接引用部, he said が伝達部, said が伝達動詞である。
 本稿では, 直接話法の役割である特定の発話を忠実に再現することとはそもそもどういうことかを確認した上で, その役割を果たすために, 直接引用部や伝達部においてどの様な工夫が凝らされるかを具体的に検討してゆく。
掲載誌名
島根大学教育学部紀要. 人文・社会科学
24
1
開始ページ
61
終了ページ
74
ISSN
02872501
発行日
1990-07-31
NCID
AN00107952
出版者
島根大学教育学部
出版者別表記
The Faculty of Education Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
教育学部