ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
RICOホウ ト アメリカ ガッシュウコク ケイジホウ ニオケル キホン ゲンソク ノ ゲンダイテキ イミ 3 ケイバツ ホウキ メイカクセイ ノ リロン オ ソザイニ ゲ
タイトル別表記
The Modern Developments of Void-for-Vagueness Doctrine in RICO(3)
ファイル
Thumnail a001003802h002.pdf 2.68 MB ( 限定公開 )
言語
日本語
著者
門田 成人
内容記述(抄録等)
一 はじめに
二 RICO法における「パターン(pattern)」の要件
 (1) 連邦最高裁判例における「パターン」の解釈
 (2) 連邦裁判所のアプローチ         (第36巻3号)
三 「パターン(pattern)」の要件と刑罰法規の明確性
 (1) 「刑罰法規明確性の理論」の枠組み
 (2) H.J.Jnc.v.Northwestern Bell Telephone Co. 事件判決の意味と背景 (第37巻第1号)
 (3) 連邦裁判所の対応
 (4) RICO法への「刑罰法規明確性の理論」の適用
四 むすびにかえて              (第38巻第2号)
掲載誌名
島大法学
38
2
開始ページ
33
終了ページ
61
ISSN
05830362
発行日
1994-08-31
NCID
AN00107522
出版者
島根大学法文学部
出版者別表記
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
部局
法文学部