ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
シャカイテキ タイド ノ キソテキ ケンキュウ
日本語以外のタイトル
A Study of Political Attitudes
ファイル
言語
日本語
著者
久松 昌範
内容記述(抄録等)
従来の態度の研究は,アプローチのしかたによって,おおきく2つに分けられる。即ち,Thurstone,Eysenckらの因子分析的研究(態度間の静的構造の研究)とSherif,Rosenbergらの変容過程の研究(態度内の動的構造の研究)である。日本においても,これら2つの流れにそった研究,あるいは,2つのアプローチを統合しようとする意欲的な研究が,島田(1963),田中(1964),原岡(1965),飽戸(1965),久松(1962)などによってなされてきたが,なお,多くの問題が残されている。特に,態度を,現実的,具体的な問題によって,全体的,統合的にとらえようとする研究が,今後の態度研究においては,最も重要な仕事であると考えられるが,一方,それぞれの流れにおける微細な実験的研究,探索的調査も,同時に必要である。ここに報告する実験は,後者の流れに属するもので,基礎的な諸点について,探索的実験をおこなったものである。
掲載誌名
島根大学論集. 教育科学
16
開始ページ
43
終了ページ
55
発行日
1966-12-25
NCID
AN00108117
出版者
島根大学
出版者別表記
Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
教育学部