ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
マツエシ ノ サイバイ セリ ニ ハッセイスル ビョウガイ ニツイテ ダイ3ポウ
タイトル別表記
On a Disease Occuring on Japanese Parseley Cultured in Matsue City(III)
ファイル
言語
日本語
著者
山本 昌木
達山 和紀
吉田 輝久
内容記述(抄録等)
Since the temperature was rather high in the winter of 1961-62, the occurence of a disease incited by Pythium was not so predominent in this growing season of Japanese Parseley in Matsue City, however, disease on Japanese Parseley incited by Septoria, Cladosporium and Puccinia were recognized this year. The optimum temperature for the growth of Septoria fungus was 20°-24℃, and the optimum hydrogen-ion concentration for the fungus was around pH 6-7.
掲載誌名
島根農科大学研究報告
11
開始ページ
(A)20
終了ページ
22
ISSN
05598311
発行日
1963-01-31
NCID
AN00108241
出版者
島根農科大学
出版者別表記
The Shimane Agricultural College
資料タイプ
紀要論文
部局
生物資源科学部
備考
A,Bを含む