ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ギョウムリョウ チョウサ カラ ミタ ICU ニオケル PNS (R) ノ ウンヨウ ジョウキョウ ノ ゲンジョウ ト カダイ
タイトル別表記
The Current Status and Issues of PNS (R) in ICU Based on the Quantity of Duties Investigation
ファイル
言語
日本語
属性
実銭報告
著者
小山 智美 島根大学医学部附属病院看護部
荒木 愛 島根大学医学部附属病院看護部
谷﨑 明子 島根大学医学部附属病院看護部
春日 志保 島根大学医学部附属病院看護部
佐藤 達也 島根大学医学部附属病院看護部
福間 美紀 島根大学医学部基礎看護学講座
金築 きよ美 島根大学医学部附属病院看護部
内容記述(抄録等)
本研究の目的は、PNS (R) 導入に伴う看護師の業務量の実態を明らかにし、課題を検討することである。ICUに所属する看護師40名を対象に、2週間の調査期間中の看護師の始業から終業までの業務内容および一連の看護行為に要した時間とソロとペアの看護行為時間を調査した。その結果、ソロ時間では看護記録、測定・観察、薬剤の管理、ペア時間では、身体の清潔、NS間の報告・申し送り、ME機器管理が多かった。ソロとペア別にみた看護行為時間では、ソロでの看護行為時間が有意に長かった。計画修正とペアでの看護行為時間には、正の相関関係がみられた。カンファレンスへの参加の有無では、参加した群がペアで実施する看護行為時間が長かった。A病院ICUでは、ソロで行っている看護行為時間が長い現状があり、ペアで計画修正を行うことやカンファレンスの時間を活用することで、ペアでの看護行為が遂行でき、より安全で確実な看護が提供できることが示唆された。
主題
PNS (R)
ICU
業務量調査
カンファレンス
quantity of duties investigation
conference
掲載誌名
島根大学医学部紀要
42
開始ページ
35
終了ページ
39
ISSN
1880084X
発行日
2020-03
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Faculty of Medicine, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
権利関係
島根大学医学部
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部