ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ガイライ ケツエキ トウセキ ヲ チョウキ ケイゾク シテキタ コウキ コウレイシャ ノ オイ ヘノ タイショ
タイトル別表記
Coping With Aging: Old-Old People Receiving Long-Term Outpatient Hemodialysis
ファイル
言語
日本語
属性
研究報告
著者
板倉 愛 島根県立中央病院
加藤 真紀 島根大学医学部地域・老年看護学講座
竹田 裕子 島根大学医学部地域・老年看護学講座
原 祥子 島根大学医学部地域・老年看護学講座
内容記述(抄録等)
本研究の目的は、外来で血液透析(以下、透析)を長期継続してきた後期高齢者の老いへの対処を明らかにすることとした。後期高齢透析患者7名に半構造化面接を行い、それぞれの対象者が行った対処について類似性と相違性で比較検討した結果、後期高齢透析患者は、【弱る身体とうまくつきあえるような策を練る】対処、【今以上に身体機能が悪化しないように気をつける】予防的な対処、【歳をとるごとに負担が増す透析治療を肯定的に捉える】情動的な対処、【これから先の透析をどうするかを含めた衰えへの対応を考える】対処をしていた。看護師は、後期高齢透析患者の老いへの対処を支持し、老いに合わせて対処を行い、透析のある生活を継続していけるようともに考える必要がある。そして、後期高齢透析患者がこれからについて話し合う機会をもつことや、将来を思い描きやすいように支援していくことの重要性が示唆された。
主題
血液透析
後期高齢者
75歳以上
老い
対処
hemodialysis
old-old people
aged 75 or over
aging
coping
掲載誌名
島根大学医学部紀要
42
開始ページ
15
終了ページ
20
ISSN
1880084X
発行日
2020-03
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Faculty of Medicine, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
権利関係
島根大学医学部
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部